MENU

二の腕痩せを短期間で成功させる方法とは

二の腕痩せ,短期間方法,ダンベル

油断するとすぐに脂肪をためこみ、ぜい肉がついてしまう二の腕。

 

袖のない洋服を着る機会の多い夏は特に、素早く細くしたいものです。
二の腕痩せを短期間で行う効果抜群の方法は何種類かあります。

 

運動が苦手でもできる二の腕痩せ方法

まずひとつめは、運動が苦手な人でも簡単に行うことができる二の腕痩せ方法です。
腕全体を前後にねじるだけという方法です。

 

簡単に二の腕のぜい肉を落とすだけでなく、背中の脂肪も同時に燃焼することができます。
ねじるだけなのでムキムキの筋肉になることもなく、運動が苦手な人でも手軽に続けることができます。

 

やり方は

  1. 足を軽く肩幅に開き立ちます。
  2. 手のひらを外側に向けてしっかりと広げます。
  3. てのひらを外側にねじり、元に戻す動作をゆっくりと深呼吸をしながら行います。

 

即効性のある二の腕痩せ方法

次は即効性のある二の腕痩せです。
続けることで早ければ1週間でその効果があらわれます。

 

やり方は

  1. 自分の後ろに50センチほどの高さの台を置き、その台に両手をのせます。
  2. そのままお尻を床につけることなく足を伸ばし、腕立て伏せを仰向けで行うようなスタイルをとります。
  3. そして二の腕の筋肉のみを使って体を真上に持ち上げます。

 

この動きを繰り返すだけで、早くて1週間後にはしっかりと効果があらわれるでしょう。


二の腕痩せにはダンベルを使うことが効果的

二の腕痩せ,短期間方法,ダンベル

薄着になると気になるのが二の腕ですよね。
どうしても二の腕を細くするには、意識的に鍛えなければ細くなりません。

 

そこで、ダンベルを使って効果的に二の腕痩せが出来る方法をご紹介します。

 

基本的に二の腕は上腕三頭筋という筋肉から出来ています。
この上腕三頭筋は、腕を伸ばす働きをしています。

 

なので、腕を伸ばす運動をすれば二の腕が細くなるという訳です。

 

自宅でできるダンベルの方法

1.まず、500グラムから1キロくらいのダンベルを二つ用意し、両手に持ちます。
2.両手を上に上げて、曲げたり伸ばしたりします。
3.10回くらいは余裕で出来ると思います。これを30回行います。

 

普段腕を上に上げることが少ないので、腕がかなり辛くなると思います。
痛みが出る場合は無理をしないでください。

 

4.次に、腕を出来るだけ後ろに伸ばします。
5.この状態で腕を90度に曲げ、腕を前後に動かします。

 

この時に、肘が身体より前に出ないように注意して下さい。
これも痛みが出なければ30回行います。

 

鏡に映しながら行うと、やりやすいと思います。

 

コツが掴めれば、二の腕が使われていることを意識しながら鍛えることが出来るはずです。
自宅で簡単に出来るので、ダンベルを使っての二の腕痩せに挑戦してみて下さい。


色々な方法で腕立て伏せをすれば、二の腕痩せに効果がある

たるんだ二の腕の原因は、脂肪で、体の中でも脂肪を落としにくい場所でもあります。
気になる二の腕は筋肉をつけて引き締める方が効果的です。

 

何も用意も準備もしなくてすぐにできるのは、腕立て伏せです。
この運動は、だれもがやったことがあるかと思います。

 

しかし、意外と正しいやり方で、出来ていない事が多いようです。
二の腕痩せの効果を実感するには、正しいフォームで行う事が大切です。

 

腕立て伏せの正しいやり方

基本的な事は、まず前を真っ直ぐ見て行います。
視線が下に向くと、背中が丸くなってしまいがちなので、視線は前を見て行いましょう。

 

そして、重力や勢いに任せるのではなく、ゆっくりと自分の力だけを使って体を上げ下げします。
呼吸も、体を上げる時に息を吐き、下げる時に息を吸います。

 

中には、腕立て伏せが苦手な方も居るかと思いますが、負担を減らして行う方法もあります。
膝を床について行うか、または、手の着く位置をやや高くして前かがみになって行う方法です。

  • その他の腕立て方法

他にも、二の腕痩せに効果があるやり方があります。
それは、逆腕立て伏せです。

 

足を伸ばした状態で座り、手は肩幅ほど広げて、後ろにもたれるように床に置きます。
その状態から、肘を曲げて30秒間キープする方法です。

 

これも辛い場合には、誰でも出来るのが、壁を使った腕立て伏せです。
この方法なら、力の弱い女性の方でも壁さえあれば、簡単に行えると思います。

 

[二の腕痩せにはダンベルを使うことが効果的]関連情報